こどもの日



こどもの日

5月5日はこどもの日です。
恵海では、この時期になると鯉のぼりが飾られます。
縦並びではなく横並びですが・・・(^_^;)

その昔、徳川幕府では5月5日は将軍様のお祝いする日であり、
将軍様に男の子が生まれたら同日にお祝いする日でした。
そのときに「のぼり」を立ててお祝いしたんですね。
それを、武家でものぼりを立ててお祝いするようになり、庶民にも拡がっていったそうです。

庶民は、中国で言い伝えられていた『立身出世』から、鯉の滝登りをイメージし、のぼりに鯉を書き、
端午の節句をお祝いしたのが、『鯉のぼり』最初だと言われているそうです。

 

 

で、こちらは製作中の菖蒲(しょうぶ)です。
実は、菖蒲も「端午の節句」とは関係があり、
武道・軍事を大切にする武士である『尚武(しょうぶ)』と同じ読み方である事と、
菖蒲の葉の先が尖っており、剣に見える事から、男の子が生まれたら飾り付けをして
成長を祝う行事になったと言われています。

 

そんな恵海でも、他にもいろんな鯉のぼりが泳いでいます。

 

ではまた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

*


»
«